アトラクションデイズ

  なんでとか、そんなの関係無い。ただ君が、笑うだけだから。
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»

--.--.--  <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. スポンサーサイト / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.10.20  <<16:46



大分さぼってた 笑


++++++++++++++

「おい、てめぇ。」

不意に呼び止められたのは、放課後。
帰宅部の紫紅が家に帰ろうとした時の事だった。
振り返ると、そこにはものすごい形相の黒髪の生徒が立っていた。

「面かせよ」

「・・・はい?」


最悪・・というより、絶体絶命だ。
今、紫紅はその黒髪の生徒に「探偵部」というなんとも意味不明な部室に連行されてしまった。
そして、先ほどからその黒髪の生徒にじとーっと全身穴が空くほど見つめられている。
何か、怖い。私・・いや俺、殴られたりするのかな。
紫紅はびくびくしながらもその生徒を見上げた。

「あのー・・何か、用・・ですか?」

恐る恐る聞いてみる。
男にはなるし、変な人に変なとこに連れてこられるし・・。
女だったら、襲われちゃうかもキャー、とか思うけど。今、男だし。

「用・・だと?」

ギロリと睨まれる。死ぬ。死ねる。
紫紅は心の中で泣きながら必死に自分の心に鞭を打った。
落ち着け、落ち着けーっ!私はただ可愛いだけの女の子よー!
完全に自分が男という事を忘れてしまった紫紅は何とか相手から目を逸らした。

「何でてめぇ何かなのかが分からん・・むかつく」

生徒はゆっくり、ゆっくりと近寄ってきてもう紫紅の鼻の先まで来ている。
逃げなきゃ、と後ずさるが、もうそこは壁でどこにも行けない。
やだ、やだ、殺されるーーーっ!!!!
叫ぼうにも力がでない。足ががくがくする。
紫紅は思わず目をギュッとつぶってしまった。
その瞬間、急にガラッというドアの開く音と共に

「俺、参上~」

そんな、のんきな声が聞こえてきた。
そして瞬時にその声が璃呼だと分かり、紫紅は目を開けて視界の中に璃呼を入れた。

「・・・お前等何してんの・・?」

完全に男になりきっている璃呼は、不思議そうにこちらを見ている。
紫紅は慌てて璃呼の後ろに回り、黒髪の生徒を指さした。

「り、璃呼こ、この人がっ・・!」

さっきまでの恐怖で上手く舌が回らなかったが、ああ?、と未だに紫紅と邪魔をした璃呼を睨んでいる黒髪の生徒と紫紅を見て
何か分かったのか、あーなるほど、と璃呼は呟き黒髪の生徒の肩をぽんと叩いた。

「いや、俺は応援するけどね。そういうのは夜やんなさい」

ふふふ腐☆、と笑う璃呼。
違うってばーー!!!、と言いたかったが紫紅はただ立っているだけでやっとだった。

No.24 バラバラエキスパート! vol.3 / 連載 / Comment*0 // PageTop▲

2009.06.03  <<10:49



嘘、嘘・・っ!嘘っ・・!?


始まりはあの日。
私の全てが、変わってしまったあの日。


「うそでしょーーーーっ!?!?!?!?!?!?」


悲痛な叫びが、家の中に響いた。


バ ラ バ ラ
――――――
        エ キ ス パ ー ト !
      ――――――――――――



観野紫紅は短く切られた・・正確には短く『なった』髪に、可愛らしいピンク色のピンをとめて
溜息混じりに道を歩いていた。
着ている制服は、学校規定の白いシャツに線の入ったネクタイ。黒のスラックス。
昨日までなら、赤いチェックの短いスカートにネクタイと同じ柄のリボンを胸に掲げているはずだった。
そして街を歩く度に、美少女、とか、可愛い、とか、綺麗、という声が飛んでいたのに。

「・・ウルトラ美少女の私が・・」

呟いて、また溜息を零す。


時は遡ること昨日の夕方。
絶世の美少女、なんていわれている紫紅は高校入学当初から憧れている人がいた。
同じクラスの、秋島胡桃、という少年。
その綺麗な容姿とほんわかしてふわふわした性格から、王子とありがちなあだ名がついている。
そして昨日、紫紅は胡桃に告白したのだ。
スカートの丈はぎりぎりまで詰めて、校則違反にならない程度に化粧もして、綺麗にして。
万が一のために勝負下着まで新調して身につけてきたのに。
相手の返事はNo、だった。それも考える時間もなく、即答、だった。
紫紅はショックだった。絶対にふられることは無いと思っていた。だって、可愛いから。
足取りも覚束ず、紫紅は家に帰った・・。

・・・・・・そこまでは、まあ良かったのだ。
もっといい人居るさ、であきらめがついたのだ。
しかし、問題は今朝の出来事。

美少女といえど紫紅も女の子で、ふられたショックで一晩泣いた。
次の日の朝、紫紅はろくな睡眠もとれずにふらふら起き上がった。
ああ最悪、もう学校休んじゃおうかな、という気分。
でもここで休んだら胡桃君が変な気を遣うかもしれないし、と自分の精神に鞭を打って鏡に向かった。
そこで、驚愕した。
今まで綺麗に手入れしてきた自分の自慢のさらさらロングヘアーが、ショートよりも短い、まるで男の子のような髪型になっていたのだ。
紫紅は失恋したことも忘れて目を丸くして、鏡の中の自分を見つめた。声も、出なかった。
まさか何かの病気かしら、と焦りながらもベッドを見るが髪が抜けてしまった形跡はない。
まるで、最初からそうだったかのように。
そして鏡の中でまた異変に気付く。それは、後ろの壁に掛けてあるはずの制服が、女子用から男子用に替わっていたのだ。
中学の時憧れていた、あのネクタイ、に。
紫紅は立ち上がって、部屋の様子を見てみる。タンスの中、机の上、引き出し。
ともかく服やら下着やら筆箱やら鉛筆やらが、ふりふりぴらぴらのではなく、普通の男の子っぽいのに変わっていた。
紫紅はその場に立ち尽くして、嘘でしょ、と呟いた。
そして、はっ、と気付いて自分の身体を見つめてみる。
自慢だった、Dカップが・・・・・・・ぺっちゃんこ。
ぎゃーー!悲鳴を上げた。その瞬間、ばたんとドアが開いて、妹の紅羅々が血相変えて飛び込んできた。

「お兄ちゃんどうしたのっ!?」

昨日までだったら、お姉ちゃんどうしたの、のはず。
紫紅は昨日と変わらない妹の顔をまじまじと見つめて、ばたんと倒れそうになった。


・・・・そして今に至る。
何とか妹からピンを借りて可愛らしくしたものの、夜中に宇宙人にでもさらわれたのか男になってしまった紫紅は可愛らしさのカケラもない。
唯一救いだったのが、女の時と同じっぽい美形な顔だったというだけだが。
とぼとぼ歩きながら、紫紅はまた溜息をついた。
失恋するとみんなこうなるのかしら、何てのも思ってみたり、みなかったり・・。

「おい・・お前紫紅だろ・・」

いきなり後ろから声をかけられて、紫紅はびくっと身体を強ばらせる。
聞いた事有るような声。紫紅はおそるおそる振り返った。
そこには、見知らぬ男子が立っていた。もしかしたら交友関係まで変わってしまったのだろうか。
顔は女顔・・あれ、どこかで見たことあるような。

「やっぱり・・!私・・いや、俺だよ俺っ!」

興奮したように叫ばれる。そんなオレオレ詐欺みたいなこと言われても、誰だか分からない。
ていうか昨日まで私女でした、男の友達なんてそんなに居ません。
それでも紫紅は、えー、と唸りながらその男子の顔をまじまじと見た。
あれ、やっぱり、見たことある・・。

「もしや・・璃呼ちゃん・・?」

おそるおそる呟く。璃呼ちゃん、とは紫紅の女の子だったときの友達、雪林璃呼の事だ。
世間的に言う腐女子、というやつでいつもノートを持ってイケメン男子を追いかけていた。
紫紅は腐女子やらヲタクやらに偏見はなく、璃呼のその格好良く楽しい性格に惹かれた。

「そうそう、璃呼!」

目の前の男子が微笑んだ。えっ、嘘、と頭の中で繰り返されて紫紅はまた止まった。
もしかしたらこの世の中の人みんな性別が変わってしまったの?、と思った。

「それが朝起きたらいきなり男になっててさぁ、びっくりしたぁ。
私・・いや、俺だけ何で、と思ったら紫紅もだったんだねぇ。何か一緒でヨカッタ」

この世の終わりのような顔をしている紫紅とは対照的に、にこにこ嬉しそうに微笑む璃呼。
何てお気楽な人なんだ、と思った。
自分もどちらかというとポジティブな方だが、いきなり性別が変わってすぐに受け入れられるほど心の広い人じゃない。

「何でこんな事になったんだろう・・私昨日失恋したからかな、とか思ったんだけど・・。」

璃呼とは違い、まだ女の子っぽい口調の紫紅は俯きがちに呟いた。
璃呼は紫紅の横を並んで歩きながらも、うーん、と唸る。

「何か家族の対応も普通だったし、俺等元々男だったんじゃねぇ?なーんつって」

はははー、と笑い飛ばした璃呼は、本当に男の子みたいだった。
前から格好良い性格だなぁ、とは思ってたけど男になると益々男前がアップしている。惚れそうだ。

「あ、つーか紫紅・・失恋しちゃったんだ・・」

急に話を戻して、何かごめん、と真面目な顔で謝られた。
紫紅は何だか急に目線が高くなって、いつもと違うような道を見つめながらも微笑んだ。

「うん・・でももういいんだぁ。今は男になったことの方が問題・・」

そう、紫紅にしてはそのことの方が大問題だった。
今から花の女子高生で、おしゃれや恋愛もたくさんして、幸せな家庭を持って専業主婦で一生を終わらせるつもりだったのに・・。
男になったらその大計画も水の泡だ。女の子と結婚なんて真っ平だった。

「・・・俺はどっちかっていうと美味しいなぁ、と思うんだけどね」

女顔だったし、と腐女子な璃呼の発言を、紫紅が理解するよしもなく。
二人はいつもよりちょっと目線の高い通学路を歩いていったのだった。
←and more
No.22 バラバラエキスパート! / 連載 / Comment*0 // PageTop▲

2009.05.01  <<16:44



食べるのは好きだ。
嫌いなのはその後。
また生かされてしまった、と残念に思うことしか出来ないから。
いただきます、をしても全然頂いたという気になれなくて
申し訳なさにいっぱいになる。
それでもお腹がすいたらまた・・そんな自分がたまらなく嫌になる。

気付いたらあの屋上へと向かっていた。
行こうと思った訳じゃなく、本当に、足が勝手にそこへ向かう。
夏実は小さくため息を零した。陽太、きっと気を悪くしただろう。

冷たい音を立てる鉄製の階段を上って、いつものあの屋上。
さらさらと乾いた風が頬を撫でて、空に登って消えていくような気がする。
・・ということは今この耳に聞こえている音は・・断末魔?
不意におかしくなって、夏実は小さく微笑みを零した。
カシャンとフェンスにもたれて、そのままずるずると座り込む。
足元を見て、そういえば靴陽太の家に忘れて来ちゃった、と思った。
そのことが何だかよく分からない気持ちになって、泣きたいような、笑いたいような・・
仕方がないから、夏実は膝を抱えて膝の上に顎を乗せた。

「・・何かずきずきする」

胸がきりきりした。

別に、何があったわけでもない。
平凡に普通に暮らしていた。
だけどある日ふ、と怖くなって、裸足で歩いてみたり飛び降りてみようとしてみただけだ。
それを異端だ異常だって言ったり言われたりしながらただ過ごしていただけだ。
それの何が悪いのだろう、だって今にもこの胸は張り裂けてしまいそうなのに
今にも消えてしまいそうなのに。

・・・ああ、でもきっと本当は分かっているんだろう。
そうだ、だって狡い人間だから。


「・・・・ナツ?」


もうすぐあの灰色のドアの向こうから
ふわふわで可愛らしい茶色い猫と一緒に現れて
俺の計画をめちゃくちゃにして、そしてそっと抱きしめてくれるんだろう

分かってる
だから俺はまた・・・


end
←and more
No.19 猫より純情、空より過剰 6 / 連載 / Comment*0 // PageTop▲

2009.04.23  <<19:30



「・・・。」

ナツを撫でながら、夏実は少々不安になった。
変なところに連れてかれたりしてたらどうしよう、と。
そう思うと同時に少しほっとした。
なんだ、まだそんな風に自分を思ってられるんだ。
ガチャ、急にドアが開いて夏実は勢いよくそちらの方を見た。
そこにはぼさぼさと寝癖で髪が凄いことになっている陽太が立っていた。
夏実はほっとして、握りしめてしまったナツを抱えていた腕の力を緩くした。

「なぁんだ・・陽太だったんだ・・」

心底安堵したような顔を陽太に向けて、夏実は微笑んだ。
おはよう陽太、と今が朝か昼かも分からないまま挨拶をする。
陽太も同じように微笑んで、挨拶を返してきた。

「・・って事はここは、陽太の家?」

夏実は寝かされていたベッドから立ち上がって、抱えていたナツを陽太に返した。
陽太はナツを受け取って、ごろごろと喉を鳴らす猫を撫でながら

「ああ・・ごめん、勝手に連れてきちゃって・・」

何か誘拐みたいだよな・・・?、と少々不安そうに呟いた。
夏実は、誘拐されてたらどうしようなんて思ってたのに、と自分の考えの矛盾さに
苦笑のような、嘲笑いのような笑みを浮かべて首を緩く傾けた。

「ううん。ありがと。なんか陽太になら誘拐されてもいいかなって」

え、と陽太が固まったのを余所に夏実はナツを陽太から取り上げた。
陽太はしばらく固まったまま
かあぁあ、と赤くなる頬と高鳴り出す心臓を何とか押さえようと一人で戦っていた。


「ごちそうさまでしたー」

両手を合わせて夏実は満足気に呟いた。
そして目の前のお皿を重ね始める。
陽太はそんな夏実をテーブルに片手をついた状態のまま眺めていた。

「あーおいしかった。陽太、料理上手だね」

心底幸福そうな微笑みを陽太に向ける夏実に対して、こんな顔もするんだな、と
ぼんやり考えながら

「鍵っ子だからね」

そう呟いて椅子から立ち上がった。
そして夏実の前に置いてある重ねた皿を持ち上げて、カウンターの裏に回ってシンクに皿を置いた。
皿を洗い始めるカウンターの向こう側の陽太を眺めながら
夏実はいつの間にか膝に乗っていたナツを撫で付け始めた。

「ごめんね・・ご飯まで食べさせて貰っちゃって」

どこか申し訳なさそうな色が見える夏実の言葉に、陽太は微笑んだ。
別に?、と。
夏実は心地よさ気に目を細めるナツを見下ろす。
何となく、陽太と目があったら恐いな、と思ったのだ。
それは別に陽太が恐いのではなく、どちらかというと自分の方が恐いのだ。

「・・・陽太は・・優しいね」

ぽつり、と呟いた言葉。それは自分の言葉なのに酷く胸が締め付けられた。
きりきり、というよりぎりぎり痛む。何でこんな事になるのか、大体分かる。
夏実は椅子から立ち上がった。

「ありがとう・・俺、帰るね」

陽太の表情も、ナツのどこか寂しげな鳴き声も気にも止められなかった。
それだけ言って陽太が、待って、という前に夏実は陽太の家を飛び出したのだった。

←and more
No.18 猫より純情、空より過剰 5 / 連載 / Comment*0 // PageTop▲

2009.04.18  <<12:39



世間様とやらに嫌われようが好かれようが、この細い肩の震えが止まるわけでもなく
今にもその綺麗な容姿をぐちゃぐちゃに踏みつぶしてやろうか、と誰かが話しかける。
別にそれが怖いわけではないのに、なぜか逆らえなくて
足の裏から感じる大地の暖かさとやらに、ただひたすら安堵を求めて
それでまた、ふらふらと夜をさまよったりする。


「別にいいってば。靴履けば良いことだし」

陽太の背中におぶられながら、夏実は小さく呟いた。
確かに、と自分でも思うのだが何だかこうしたいような気持ちがあって。

「・・嫌?」

・・嫌だろうな、と思いながら陽太は歩いた。
夏実は背中でしばらく黙った後、陽太の背中に頬をくっつけた。

「嫌じゃないけど」

ぽつり、と夏実が零す。
嫌じゃないんだ、と少し、嬉しさを感じた。それが何なのか、まだ分からないのだけれど。
もしこの夏実という人間が裸足で道を歩かなければ、フェンスに怪我して登らなければ
消えてしまうというのなら、そしてそれを見てられないというのなら。
何でもしてあげたいと思ってしまった。
フェンスに登る代わりに一緒に笑って、裸足で歩く代わりに運んで。
それで何かが変わるなら、変えてあげたい、と強くそう思った。

「・・で、お前、家どこ?」

陽太はふ、と立ち止まって背中の夏実に聞いた。
しかしどれだけ待っても返事は帰ってこない。
陽太は不思議に思って、首を後ろに向ける・・が、夏実の顔は見えない。

「おーい、聞いてる?」

ちょっと大きめの声で言ってみるが、やっぱり返事は帰ってこなかった。
もしかして寝てる?、と呟いた後、苦笑混じりな笑みを零して陽太はまた歩き出した。
足下でナツが、にゃあ、と鳴いた。


久しぶりに、夢のない夢を見た。
ただ、真っ黒な空間を泳いでいる、そんな夢。
それはいつもよりずっと安心できて、幸せな心地な、眠りの世界。
いつかまた、こんな至福な眠りに慣れてしまったら
それは凄く望ましい未来だけれど、きっとその後が怖い。
目を覚ましたときのあの、汚染感もまた、

「・・・・?」

夏実はうっすらと目を開けて、見覚えのない天井をぼうっと見上げた。
しばらくそれを見上げた後、不思議に思いながらも上半身を起こす。

「何・・してたんだっけ?」

知らない部屋。知らないベッド。
小首を傾げて昨夜の事を考える。陽太と会って、陽太に運ばれて・・えっと?
にゃあ、そんな声と共に手首にふわふわの感触が当たって夏実はそちらを見る。

「ナツ!」

ナツがこちらを撫でて欲しそうに見上げていた。
夏実はナツを呼んで、にゃあ、と返事を返すナツを抱き上げた。

←and more
No.17 猫より純情、空より過剰 4 / 連載 / Comment*0 // PageTop▲

プロフィール

魔月 霰

Author:魔月 霰
ヲタクで腐女子、萌えない黒髪眼鏡。
真面目そうな顔してて頭の中は超腐ってます。
一応十代だが年より老けてると言われる。

ブログでは基本的にblの話ばっかりです。
軽く15禁です。苦手な方、御子様は観覧は御遠慮下さい

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

拍手

拍手する

時計

インテリア 雑貨 エコロジー

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。