アトラクションデイズ

  なんでとか、そんなの関係無い。ただ君が、笑うだけだから。
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»

--.--.--  <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. スポンサーサイト / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.05.26  <<18:21



                                           ―――憂鬱な、



「俺さ、いらないっていわれちゃった。」

面白いくらいばっさりと切り捨てられたことを思い返して、
俺は小さく笑った。
心の中はすさまじい荒らしで豪雨だったのに、不思議と涙は出なかった。

「それで、どうしたの」

隣を見た。綺麗な真っ黒い髪がさらさら風に靡いていた。
俺はまた目の前に広がるどうでもいい灰色の世界を見つめて見せて

「笑ってやった」

笑いながら同じように笑ってやった。
あははははは、と笑ってやった。

「あーあ、きったねーよなぁ」

両手を頭の後ろで組んで、ごろんとアスファルトの上に寝転んだ。
寝心地は最悪だったけど、もうこの際気にしない。
真っ黒い髪の先がまた宙を舞って、不思議そうな顔で見下ろされる。

「貢いでたの?」

ぽつりと聞かれた言葉に、俺はまた微笑んだ。
全然平気そうな、微笑み。

「いーや。でも本気だったのよん?」

冗談っぽく返しても、相手は少し寂しそうな顔をするだけだった。
その横顔がとてもとても綺麗で。
ああ、俺なんかと全然違うんだな、と思った。

「寂しいね」

ああ、また気を遣わせてしまったな、と思った。
どうでもいい町の景色を見ながらそう呟いた。
俺はその言葉を聞いて数秒経って上半身を起こした。

「なあ」

声をかけると、またその黒髪が靡いてこちらを振り返る。
その顔は、さっきよりちょっと驚いたような顔だった。
俺はその顔をジッと見つめた。
もう穴が開くほど見つめて、そしたら急に泣きそうになってしまった。
そして咄嗟に相手の方に顔を埋めた。だって失恋で男泣き、何て恥ずかしすぎる。
そんなのキャラじゃない。キャラじゃないよ。


「大丈夫だよ」


不意に、とんでもないことを口走りそうになった。
どうして今、この状況でこんな汚れた俺に、そんな綺麗な言葉をかけられるんだろう。
俺は肩に顔を埋めさせてもらったまま、少しだけ、ほんの少しだけ泣いてみた。
そしてなぜだか分からないけれど

「ごめんな」

そんな事を口走ってしまったのです。


ほら だけれど
今日もまた憂鬱な、


......................end
←and more
No.21 憂鬱な、 / 小説 / Comment*0 // PageTop▲

2009.05.12  <<08:13



ども魔月です。

はい。分かっています。いわれんでも分かっています。

更新が出来てないことですよね?ものすごく分かります。



霰としても、ぶっちゃけいうとここだけでいい なるだけたくさん更新したいのですが・・

明後日の方も現在休止しているので、他のトコだけでもと思っているのですが;

まあ今からだいぶ生活が安定してくると思うので(時間的な意味で)

早起きして頑張って書きたいと思っています(´・ω・`)



って事でようやくずーっと言ってた連載が始められそうです!><

話の内容はですねー

・主人公は腐女子ではありません。(ここ超大事)

・私(主人公)は超ウルトラめちゃもて美少女☆
町を歩けば誰もが振り返り告白なんて日常茶飯事よ!
でも私・・肝心なヒトにはもてないのよねぇ・・

・男共が受けなのか攻めなのか分からない。

・女の子ばっかり攻めます。

・ちょ、待てよ、オレって受けなのか・・っ?
・あたりまえじゃな・・あたりまえだろ

・主人公の友達は腐女子です。

・「腐女子ですいえーい」

・ここ重大。

これは紛れもなくBLです。


これでどんな話か大体分かったよ☆っていう人がいたらマジリスペクト(まあいないだろうけど;)

寧ろここを見てる人がいないとかいうな


では詳しいことは連載の第一回目で!

それではバイトいってきます!(ちょ
No.20 いっついいわけたーいむ / どうでも良い事 / Comment*0 // PageTop▲

2009.05.01  <<16:44



食べるのは好きだ。
嫌いなのはその後。
また生かされてしまった、と残念に思うことしか出来ないから。
いただきます、をしても全然頂いたという気になれなくて
申し訳なさにいっぱいになる。
それでもお腹がすいたらまた・・そんな自分がたまらなく嫌になる。

気付いたらあの屋上へと向かっていた。
行こうと思った訳じゃなく、本当に、足が勝手にそこへ向かう。
夏実は小さくため息を零した。陽太、きっと気を悪くしただろう。

冷たい音を立てる鉄製の階段を上って、いつものあの屋上。
さらさらと乾いた風が頬を撫でて、空に登って消えていくような気がする。
・・ということは今この耳に聞こえている音は・・断末魔?
不意におかしくなって、夏実は小さく微笑みを零した。
カシャンとフェンスにもたれて、そのままずるずると座り込む。
足元を見て、そういえば靴陽太の家に忘れて来ちゃった、と思った。
そのことが何だかよく分からない気持ちになって、泣きたいような、笑いたいような・・
仕方がないから、夏実は膝を抱えて膝の上に顎を乗せた。

「・・何かずきずきする」

胸がきりきりした。

別に、何があったわけでもない。
平凡に普通に暮らしていた。
だけどある日ふ、と怖くなって、裸足で歩いてみたり飛び降りてみようとしてみただけだ。
それを異端だ異常だって言ったり言われたりしながらただ過ごしていただけだ。
それの何が悪いのだろう、だって今にもこの胸は張り裂けてしまいそうなのに
今にも消えてしまいそうなのに。

・・・ああ、でもきっと本当は分かっているんだろう。
そうだ、だって狡い人間だから。


「・・・・ナツ?」


もうすぐあの灰色のドアの向こうから
ふわふわで可愛らしい茶色い猫と一緒に現れて
俺の計画をめちゃくちゃにして、そしてそっと抱きしめてくれるんだろう

分かってる
だから俺はまた・・・


end
←and more
No.19 猫より純情、空より過剰 6 / 連載 / Comment*0 // PageTop▲

プロフィール

魔月 霰

Author:魔月 霰
ヲタクで腐女子、萌えない黒髪眼鏡。
真面目そうな顔してて頭の中は超腐ってます。
一応十代だが年より老けてると言われる。

ブログでは基本的にblの話ばっかりです。
軽く15禁です。苦手な方、御子様は観覧は御遠慮下さい

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

拍手

拍手する

時計

インテリア 雑貨 エコロジー

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。