FC2ブログ

アトラクションデイズ

  なんでとか、そんなの関係無い。ただ君が、笑うだけだから。
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»

--.--.--  <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. スポンサーサイト / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.04.23  <<19:30



「・・・。」

ナツを撫でながら、夏実は少々不安になった。
変なところに連れてかれたりしてたらどうしよう、と。
そう思うと同時に少しほっとした。
なんだ、まだそんな風に自分を思ってられるんだ。
ガチャ、急にドアが開いて夏実は勢いよくそちらの方を見た。
そこにはぼさぼさと寝癖で髪が凄いことになっている陽太が立っていた。
夏実はほっとして、握りしめてしまったナツを抱えていた腕の力を緩くした。

「なぁんだ・・陽太だったんだ・・」

心底安堵したような顔を陽太に向けて、夏実は微笑んだ。
おはよう陽太、と今が朝か昼かも分からないまま挨拶をする。
陽太も同じように微笑んで、挨拶を返してきた。

「・・って事はここは、陽太の家?」

夏実は寝かされていたベッドから立ち上がって、抱えていたナツを陽太に返した。
陽太はナツを受け取って、ごろごろと喉を鳴らす猫を撫でながら

「ああ・・ごめん、勝手に連れてきちゃって・・」

何か誘拐みたいだよな・・・?、と少々不安そうに呟いた。
夏実は、誘拐されてたらどうしようなんて思ってたのに、と自分の考えの矛盾さに
苦笑のような、嘲笑いのような笑みを浮かべて首を緩く傾けた。

「ううん。ありがと。なんか陽太になら誘拐されてもいいかなって」

え、と陽太が固まったのを余所に夏実はナツを陽太から取り上げた。
陽太はしばらく固まったまま
かあぁあ、と赤くなる頬と高鳴り出す心臓を何とか押さえようと一人で戦っていた。


「ごちそうさまでしたー」

両手を合わせて夏実は満足気に呟いた。
そして目の前のお皿を重ね始める。
陽太はそんな夏実をテーブルに片手をついた状態のまま眺めていた。

「あーおいしかった。陽太、料理上手だね」

心底幸福そうな微笑みを陽太に向ける夏実に対して、こんな顔もするんだな、と
ぼんやり考えながら

「鍵っ子だからね」

そう呟いて椅子から立ち上がった。
そして夏実の前に置いてある重ねた皿を持ち上げて、カウンターの裏に回ってシンクに皿を置いた。
皿を洗い始めるカウンターの向こう側の陽太を眺めながら
夏実はいつの間にか膝に乗っていたナツを撫で付け始めた。

「ごめんね・・ご飯まで食べさせて貰っちゃって」

どこか申し訳なさそうな色が見える夏実の言葉に、陽太は微笑んだ。
別に?、と。
夏実は心地よさ気に目を細めるナツを見下ろす。
何となく、陽太と目があったら恐いな、と思ったのだ。
それは別に陽太が恐いのではなく、どちらかというと自分の方が恐いのだ。

「・・・陽太は・・優しいね」

ぽつり、と呟いた言葉。それは自分の言葉なのに酷く胸が締め付けられた。
きりきり、というよりぎりぎり痛む。何でこんな事になるのか、大体分かる。
夏実は椅子から立ち上がった。

「ありがとう・・俺、帰るね」

陽太の表情も、ナツのどこか寂しげな鳴き声も気にも止められなかった。
それだけ言って陽太が、待って、という前に夏実は陽太の家を飛び出したのだった。

←and more
No.18 猫より純情、空より過剰 5 / 連載 / Comment*0 // PageTop▲

Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

魔月 霰

Author:魔月 霰
ヲタクで腐女子、萌えない黒髪眼鏡。
真面目そうな顔してて頭の中は超腐ってます。
一応十代だが年より老けてると言われる。

ブログでは基本的にblの話ばっかりです。
軽く15禁です。苦手な方、御子様は観覧は御遠慮下さい

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

拍手

拍手する

時計

インテリア 雑貨 エコロジー

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。